社員インタビュー

津久井 夏美
あっぷる 津久井 夏美(平成26年卒)

お客様のために、トータルサポーターとして自分が出来ること。そこから繋がる未来。

高齢者の方にはお別れが身近にあります。私は初めて入居者様のお看取りを経験し、「今日の関わりが最期になるかもしれない」と日々意識するようになりました。

ご家族様との関わりを含め、ケアに想いを込めています。お看取りした後に、「この施設で過ごせて良かった」とご家族様からお言葉を頂いたり、ご葬儀に弊社を選んで頂くこともあります。

毎日意識し丁寧なケアを積み重ねることで、お客様からの信頼を得られると実感しています。